富山水辺の映像祭スフィア2016

プレイベント

公募テーマ 「シンクロニシティ
-偶然ではない偶然」

審査員 ※敬称略、五十音順
伊東順二 (富山水辺の映像祭総合プロデューサー)
伊東順二
×
伊東順二 (富山水辺の映像祭総合プロデューサー)

1953年、長崎県生まれ。東京藝術大学特任教授。富山市ガラス美術館名誉館長。展覧会企画、アート、音楽、建築、都市計画など分野を超えたプロデュースを多数手がける。’95年「ベニス・ビエンナーレ」日本館コミッショナー、’00年~’01年「文化庁メディア芸術祭企画展」プロデューサー。’08年~’12年「金屋町楽市inさまのこ」実行委員長。前長崎県美術館館長、前富山大学教授。

稲垣匡人 (株式会社デイジー)
稲垣匡人
×
稲垣匡人 Masato Inagaki (株式会社デイジー)

東京造形大学彫刻科卒業後、創立1年目のデジタルハリウッドで3DCGを学ぶ。大手ゲーム会社でゲームの3DCG制作に関わった後、2004年株式会社デイジーを設立。ゲーム、CG映像制作などのデジタルクリエイティブやそれらのノウハウや3Dプリンターを活用し大手メーカーのプロトタイピングも行い、スタンフォード大学インターンシッププログラム受け入れ先にも選抜される。また、近年インタラクティブ作品やVRコンテンツなども制作し、ミラノサローネやロンドンデザインウィークなど国内外の展示会に幅広く出展。最近ではデジタルテクノロジーを使用した現代美術作品を模索し2017年軽井沢ニューアートミュージアム「アートはサイエンス」展に招待される。

千住明 (作曲家)
千住明
×
千住明 Akira Senju (作曲家)

作曲家
1960年東京生れ。東京藝術大学作曲科卒業。同大学院首席修了。修了作品は史上8人目の東京藝大買上、同大学美術館に永久保存。代表作にピアノ協奏曲「宿命」(ドラマ「砂の器」劇中テーマ曲)、オペラ「万葉集」「滝の白糸」、「カレンダー組曲」等。ドラマ「ほんまん」「砂の器」「風林火山」「流星ワゴン」「LEADERS」、映画「愛を乞うひと」「黄泉がえり」「涙そうそう」「追憶」、アニメ「機動戦士Vガンダム」「鋼の錬金術師FA」、NHK「日本 映像の20世紀」「ルーブル 永遠の美」、TV「アイアンシェフ」、CM「アサヒ スーパードライ」、ウィーン美術史美術館&TBS公式テーマ曲「Glorious Museum」等、音楽担当作品は数多い。3度の日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞等受賞歴多数。メディアへの出演も多く、NHK「日曜美術館」のキャスターもつとめた。東京藝術大学特任教授。 (2017年7月現在)
URL: http://www.akirasenju.com

土佐尚子 (京都大学教授・アーティスト)
土佐尚子
×
土佐尚子 (京都大学教授・アーティスト)

アーティスト、京都大学情報環境機構教授、工学博士(東京大学)。
フィルム、ビデオアート、CGを経てメディアアートから日本美学のコンピューティング とAI表現を研究する。NY近代美術館、メトロポリタン美術館等の企画展に招待展示。作 品はニューヨーク近代美術館、富山県立近代美術館、国立国際美術館などで収蔵されてい る。マサチューセッツ工科大学建築学部Center for Advanced Visual Studiesフェローアー ティストを経て現職。2016年度文化庁文化交流使を務め10カ国を訪問した。両親は富山県出身。

作品詳細は
http://naokotosa.com
研究は http://www.tosa.media.kyoto-u.ac.jp/

八谷和彦 (東京藝術大学准教授)
八谷和彦
×
八谷和彦 Kazuhiko Hachiya (東京藝術大学准教授)

メディア・アーティスト
1966年4月18日(発明の日)生まれの発明系アーティスト。九州芸術工科大学(現九 州大学芸術工学部)画像設計学科卒業、コンサルティング会社勤務。その後(株)PetWORKsを設立。現在にいたる。作品に《視聴覚交換マシン》や《ポストペット》などのコミュニケーションツールや、ジェットエンジン付きスケートボード《エアボード》やメーヴェの実機を作ってみるプロジェクト《オープンスカイ》などがあり、作品は機能をもった装置 であることが多い。
2010年10月より東京芸術大学 美術学部 先端芸術表現科 准教授。

本木克英 (映画監督)
本木克英
×
本木克英 Katsuhide Motoki (映画監督)

映画監督。1963年富山市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1987年助監督として松竹入社。森崎東、勅使河原宏、木下恵介などの巨匠に師事し、米国留学、プロデューサーを経て、1998年「てなもんや商社」で映画監督デビュー。以後、撮影所システム最後の世代として、多数の娯楽映画やテレビドラマを最前線で監督する。昨年日本人で初めて中国映画を監督。本年フリーに。新作「空飛ぶタイヤ」が来春公開予定。

<プロデュース作品>
石井隆監督「GONIN」(1995年)、山田洋次監督「虹をつかむ男」(1996年)など。

<映画監督作品>
「てなもんや商社」−1998年公開 第18回藤本賞新人賞
「釣りバカ日誌イレブン」−2000年
「釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇」−2001年
「釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪」−2002年 富山県功労表彰など
「ドラッグストアガール」−2004年
「ゲゲゲの鬼太郎」−2007年
「犬と私の10の約束」−2008年
「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」−2008年
「鴨川ホルモー」−2009年 第1回沖縄国際映画祭ゴールデン・シーサー賞
「おかえり、はやぶさ」−2012年
「関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲」−2013年
「すべては君に逢えたから」−2013年
「超高速!参勤交代」−2014年
第57回ブルーリボン賞作品賞、第38回日本アカデミー賞優秀監督賞など
「超高速!参勤交代リターンズ」 — 2016年
「UTA不是流浪狗(UTAは野良犬じゃない)」中国映画−2017年公開予定

<テレビドラマ監督作品>
「天切り松 闇がたり」(2004),「丹下左膳」(2004),「天下騒乱〜徳川三代の陰謀」(2006), 「めぞん一刻」(2007),「鬼女」(2013),「忠臣蔵〜その義その愛」(2012),「神谷玄次郎捕物控」(2015) など。

ヤン・イクチュン (映画監督)
ヤン・イクチュン
×
ヤン・イクチュン (映画監督)

映画監督
1975年、韓国生まれ。作品評価の高い多数の短編映画の主演を務め、韓国インディーズ界 で信頼される存在となる。05年に初監督を務めた短編映画でソウル・インディペンデント 映画祭の観客賞を受賞。自身の家を売り払ってまで制作した「息もできない」は、世界各 国で40以上の映画賞を受賞。日本でもキネマ旬報の外国映画賞をはじめ毎日映画コンクー ルの外国映画ベストワン賞などで高く評価され、ヒットを記録。ヤン・ヨンヒ監督の日本 映画「かぞくのくに」では重要な役どころで出演し話題を集めるなど、監督・脚本、俳優 とマルチに活動を続けている。

archive
富山水辺の映像祭 2008 サイト
富山水辺の映像祭 2009 サイト
富山水辺の映像祭 2010 サイト
富山水辺の映像祭 2011 サイト
富山水辺の映像祭 2012 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2013 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2014 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2015 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2016 サイト
富山水辺の映像祭スフィア TOYAMA WATERFRONT FILM FESTIVAL SPHERE
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2054 FAX:076-443-2190
E-mail toyamamizube@thinktoyama.jp
Toyama Waterfront Film Festival Sphere 2017

「富山水辺の映像祭スフィア 2017」映像作品募集要項

富山水辺の映像祭運営コンソーシアム

1.公募テーマ

「シンクロニシティ – 偶然ではない偶然」

2017 公募チラシ 公募テーマ「シンクロニシティ – 偶然ではない偶然」

2017公募チラシPDF

2.コンセプト

例えば、今「ポピュリズム」という動きが世界中で起きている。
彼らは一つの思想に基づいてもいなければ、文化的背景もない。
多様性の許容という視点が拡張する現在、一方で正反対の現実が生まれていく。
この状況こそ心理学者カール・ユングの言う「シンクロニシティ」、つまり集合的無意識に基づいた共時性というものではないだろうか。
ただし、現代では見えないはずの無意識がネットという姿で眼前に露出している。
偶然ではない偶然、それを見つめることで理解しがたい現実の行方が見えてくると思う。

富山水辺の映像祭総合プロデューサー 伊東順二

富山水辺の映像祭総合プロデューサー 伊東順二

3.主催

富山水辺の映像祭運営コンソーシアム

4.募集締切

平成29年8月31日(木) (必着)

5.募集作品

短編映像作品(ジャンル問わず・5分以内)
※公募テーマをもとにした映像作品とする。

6.表彰

グランプリ 賞金 100万円(1作品)
ネクストスフィア賞 賞金 20万円(1作品)
特別審査員賞
審査員賞
※映像祭関連番組やHP、イベント等で優先的に作品を公開する場合があります。
※授賞式は10月28日(土)開催予定。

7.審査員

伊東順二(富山水辺の映像祭総合プロデューサー)
稲垣匡人(株式会社デイジー)
千住明(作曲家)
土佐尚子(京都大学教授・アーティスト)
八谷和彦(東京藝術大学准教授)
本木克英(映画監督)
ヤン・イクチュン(映画監督)
※敬称略、五十音順

8.作品形式・応募形式・応募方法

【作品形式】
5分以内の映像作品
【応募形式】
DVDプレーヤーで再生できる形式でDVDメディアに収めたもの。
【応募方法】
富山水辺の映像祭スフィア2017のwebサイト上に掲示する応募申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、応募作品を収めたDVDメディアに添えて事務局まで送付してください。
・複数応募の場合は、応募作品ごとに申込書を記入して、送付してください。1メディア内には1作品のみを収めてください。
・作品の冒頭に3秒程度、タイトルを挿入してください。(タイトル部分は作品の長さに含みません)
・日本語以外の言語による映像には、日本語の字幕を入れてください。

※応募頂いた作品に収録されている映像が何らかの理由により確認できない場合、作品の再送付をお願いすることがあります。また、再送付後も収録映像を確認できない場合、応募を受付出来ないことがあります。予め御了承ください。

9.応募料

無料(ただし、応募に伴う一切の費用は応募者負担とします。)

10.応募条件

・プロ・アマチュア/個人・グループ・企業を問わず応募できます。
・応募者の国籍は問いません。
・応募作品は公序良俗に反しないものに限ります。
・応募形式の範囲であれば表現手法は自由です。
・他のコンテストに応募、もしくは受賞した作品も応募できます。
・応募作品数の制限はありません。
・応募作品は主催者が主体となる事業に使用します。
・各賞に選ばれた場合、授賞式に参加していただきます。

11.応募作品の取扱・応募における注意事項

・応募作品は返却しません。
・作品の取扱いについては細心の注意を払いますが、万一の損傷や紛失について、主催者は一切の責任を負いません。
・応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、主催者が映像祭の周知・宣伝及び関連イベント等のため、無償で上映、複製、放送(含インターネット)、印刷、展示できるものとします。主催者は、同目的のために応募作品を、無償かつ自由に使用できるものとします。応募作品を編集して利用する場合もございますので、応募者は、応募作品に関する著作者人格権の不行使に同意するものとします。
・応募者は、応募作品の利用を自由に許諾できる権限を有することが必要です。
・作品中に使用される美術、映像、写真、及び音楽等については、必ず著作権者の許諾を得た上で応募してください。仮に第三者から権利侵害、損害賠償等の主張がなされた場合、応募者が自らの責任で対処することとし、主催者は一切の責任を負いません。
・応募作品は、富山水辺の映像祭運営事務局にて保管します。
・各賞に選ばれた方には、上映等の都合上、高品質のデータやビデオなどの提供をお願いする場合があります。
・審査結果や経緯についての個別のお問い合わせにはお答えできません。
・応募者は、作品を応募した時点で本募集要項に記載されている内容に同意したものとします。

12.個人情報の取扱いについて

富山水辺の映像祭運営事務局では、本映像祭における個人情報保護の考え方を次のとおりと定め、これを遵守することにより、個人情報の漏洩、流用、改ざん等の防止に細心の注意を払います。
【利用目的】
応募者の個人情報は、次の利用目的の範囲内でのみ利用させていただきます。
・審査結果の通知
・応募作品についての確認事項の連絡
・本映像祭の向上に役立てるための統計
・本映像祭関連のご案内(希望されない場合は申し出により中止します。)
・入賞者のサイト上、及びマスコミへの公表(作品、氏名、所属、他)
・上記目的の他、ご本人の同意を得た範囲内で利用させていただく場合があります。
【第三者への開示・提供】
応募者の個人情報をご本人の同意なく利用目的の達成に必要な範囲内における業務委託先以外の第三者に開示・提供いたしません。ただし、人命、身体または財産の保護のために開示の必要が有り、ご本人の同意を得ることが困難である場合、また法令により個人情報の開示が求められた場合はこの限りではありません。
【安全管理】
応募者の個人情報は、適切な方法で管理・保護に努めます。
上記「個人情報の取扱いについて」の内容は、応募作品のご提出をもって応募者本人、及び応募申込に記載された作者の同意を得られたものとします。

13.作品送付先・お問い合わせ先

富山水辺の映像祭運営事務局
(連絡先) 富山市 中心市街地活性化推進課
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2054 FAX:076-443-2190
email: toyamamizube@thinktoyama.jp

14.ダウンロード

・富山水辺の映像祭2017 スフィア募集要項 / 応募申込書(doc)
・Toyama Waterfront Film Festival Sphere 2017 Guidelines for Applicants(doc)
・富山水辺の映像祭スフィア 2017 応募申込書(PDF)
・Toyama Waterfront Film Festival Sphere 2017 Application (PDF)
・2017公募チラシPDF