富山水辺の映像祭スフィア2015

公募テーマ 「フォーカス」

審査員 ※敬称略、五十音順
伊東順二 (富山水辺の映像祭総合プロデューサー)
岡本美津子 (東京藝術大学大学院教授)
西島治樹 (メディアアーティスト・富山大学講師)
本木克英 (映画監督)
ヤン・イクチュン (映画監督)
archive
富山水辺の映像祭 2008 サイト
富山水辺の映像祭 2009 サイト
富山水辺の映像祭 2010 サイト
富山水辺の映像祭 2011 サイト
富山水辺の映像祭 2012 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2013 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2014 サイト
富山水辺の映像祭スフィア TOYAMA WATERFRONT FILM FESTIVAL SPHERE
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2054 FAX:076-443-2190
E-mail toyamamizube@thinktoyama.jp
Toyama Waterfront Film Festival Sphere 2015

過去の受賞作品紹介

こんにちは
学生スタッフ山口です。
私の担当する記事は今回で最後になります。
月日が経つのはあっという間で怖いですね、
もういくつ寝るとお正月…の前に水辺の映像祭がありますよ!!!

今回は過去の受賞作品を紹介したいと思います。

作品名    目(ムー)
制作者    邵 雪晴 しょう せつえい 
公募テーマ 「ホーム」
2014年度、ネクストスフィア賞を受賞した作品です。



およそ7分の間できれいにまとまった展開と
キャラクターの可愛さがグッときます、涙腺にもきます。

私は異種間の友情や交流に弱くて…ほんっとにいいですよね、
家族愛も感じることが出来て、的確にツボを押さえられました。
また言語には全く詳しくないのですが、声の演技も素敵だと思いました。無邪気!

深読みしようとすればいくらでも出来そうな世界観もいいなと感じました。
観た側の勝手な考えかも知れませんが
同じ作品をみて感想や解釈違いを話し合うのって面白いですよね。
特に短編の作品は重要な部分が洗練され、補完部分は巧く削ぎ落とされている気がするので一度魅力に気づくと抜け出せないイメージがあります。

個人で作る映像作品、機材などが手に入れやすくなったこともあり
作り手の努力と直感でどんどん質の高いものが生まれていると感じます。
今までの受賞作品の中にも気に入る作品があると思いますので是非左側の過去サイトからご覧ください。
YouTubeやニコニコ動画、vimeoなどでも
自主制作映画や自主制作アニメーションを検索すると楽しい時間を過ごせますよ!
制作意欲も湧いてきそうです…!!


それでは
こたつで寝ないよう気をつけて過ごしましょう
以上、山口でした~。