富山水辺の映像祭スフィア2015

公募テーマ 「フォーカス」

審査員 ※敬称略、五十音順
伊東順二 (富山水辺の映像祭総合プロデューサー)
岡本美津子 (東京藝術大学大学院教授)
西島治樹 (メディアアーティスト・富山大学講師)
本木克英 (映画監督)
ヤン・イクチュン (映画監督)
archive
富山水辺の映像祭 2008 サイト
富山水辺の映像祭 2009 サイト
富山水辺の映像祭 2010 サイト
富山水辺の映像祭 2011 サイト
富山水辺の映像祭 2012 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2013 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2014 サイト
富山水辺の映像祭スフィア TOYAMA WATERFRONT FILM FESTIVAL SPHERE
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2054 FAX:076-443-2190
E-mail toyamamizube@thinktoyama.jp
Toyama Waterfront Film Festival Sphere 2015

出演者情報

ヤン・イクチュン

映画監督

ヤン・イクチュン/映画監督

1975年、韓国生まれ。作品評価の高い多数の短編映画の主演を務め、韓国インディーズ界で信頼される存在となる。05年に初監督を務めた短編映画でソウル・インディペンデント映画祭の観客賞を受賞。自身の家を売り払ってまで制作した『息もできない』は、世界各国で40以上の映画賞を受賞。日本でもキネマ旬報の外国映画賞をはじめ毎日映画コンクールの外国映画ベストワン賞などで高く評価され、ヒットを記録。ヤン・ヨンヒ監督の日本映画『かぞくのくに』では重要な役どころで出演し話題を集めるなど、監督・脚本、俳優とマルチに活動を続けている。

玄理

女優

玄理/女優

1986年、東京都生まれ。日・英・韓のトライリンガル。韓国での演技留学を経て、2010年に帰国。2014年公開の主演作「水の声を聞く」(山本政志監督)では、日本語と韓国語を駆使した、希望と現実の狭間で揺れ動くミンジョン役を見事に体現し、高崎映画祭最優秀新進女優賞を獲得。「駆込み女と駆出し男」(原田眞人監督、2015年5月公開)、「ホテルコパン」(門馬直人監督、2015年冬公開予定)、「後妻業」(鶴橋康夫監督、2016年公開予定)、ほかドラマや舞台など多数に出演。

隈 研吾

建築家・東京大学教授

隈 研吾/建築家・東京大学教授

1954年、横浜生まれ。近作に、TOYAMAキラリ、サントリー美術館、根津美術館、浅草文化観光センター、長岡市役所アオーレ、歌舞伎座、豊島区庁舎、ブザンソン芸術文化センター、FRACマルセイユがあり、現在、16カ国で多数のプロジェクトが進行中。著書は『小さな建築』(岩波新書)、『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)、『広場』(淡交社)他、多数。

本木 克英

映画監督

本木 克英/映画監督

1963年、富山県生まれ。早稲田大学卒業後、1987年松竹に助監督として入社。木下恵介、勅使河原宏など多くの巨匠監督に師事した後、1年の米国ハリウッド留学、プロデューサーを経て、1998年「てなもんや商社」で監督デビュー。2009年「鴨川ホルモー」が第1回沖縄国際映画祭コンペ部門のグランプリ「ゴールデンシーサー賞」を受賞。2014年6月には江戸時代の参勤交代を題材にした「超高速!参勤交代」が時代劇映画では異例の大ヒットとなり、第38回日本アカデミー賞優秀監督賞、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞。

桝田 隆一郎

株式会社桝田酒造店 代表取締役社長

桝田 隆一郎/株式会社桝田酒造店 代表取締役社長

2006年に株式会社桝田酒造店代表取締役社長、岩瀬まちづくり株式会社代表取締役社長に就任、その他、日本酒造組合中央会海外戦略委員会副委員長、富山県酒造組合会長、株式会社グリーンエネルギー北陸取締役副会長、北陸酒販株式会社取締役に就任し、現在に至る。

内田 もも香

女優

内田 もも香/女優

1985年、富山県生まれ。宝塚、宙組出身。「水戸黄門」にて映像デビュー。金曜プレステージ「所轄刑事」、水曜ミステリー9「鉄道警察官・清村公三郎」などレギュラー出演し、現在も多数テレビドラマなどに出演中。富山では、FMラジオ「ももcafe」にてDJ出演。BBTの報道番組「ぶらっ歩」、チューリップテレビ「桃色サイクリング」などレギュラー出演。その他、講演やライブ、イベントなどのMCや、富山県の「とやまふるさと使節」、富山西警察署の「地域安全ふるさと大使」としても活動。朝日町の実家でカフェを営業。

伊東 順二

富山水辺の映像祭総合プロデューサー

伊東 順二/富山水辺の映像祭総合プロデューサー

1953年、長崎県生まれ。東京藝術大学特任教授。富山市ガラス美術館名誉館長。展覧会企画、アート、音楽、建築、都市計画など分野を超えたプロデュースを多数手がける。'95年「ベニス・ビエンナーレ」日本館コミッショナー、'00年~'01年「文化庁メディア芸術祭企画展」プロデューサー。'08年~'12「金屋町楽市inさまのこ」実行委員長。前長崎県美術館館長、前富山大学教授。